ベレガスタッフの美容ブログ|BELEGA大阪本店スタッフ岡端の美容ブログです。1日10分でできる美容小ネタを紹介します。

大阪・梅田にあるエステサロン[BELEGA大阪本店] ブライダルエステ、フェイシャル、痩身
RSS

セルキュア4TPlus『IW波』の特徴

カテゴリ : ホームエステマシン
こんにちは天気

今日から11月ですアキノケハイ


今年も残り2ヶ月となりました。。。


朝晩も冷え込み、体調管理にはくれぐれもご注意くださいませ!


さてさて


先週に引き続きセルキュア4TPlusの機能について



4つのトリートメントの内の2


IW波


元々、医療業界で使われていた干渉波が美容業界で導入され


ATPの生成を促すとともに筋肉運動を促し、ハリのある肌を得ることが出来る美顔機器に関する特許


を取得いたしました


干渉波とは


2つの異なるチャンネルの中周波を干渉させることで出来る独特の波形のことで、
セルキュア4TPlusは
中周波の2つのチャンネルを干渉させ低周波を生み出しています。
それにより、皮膚の深部にあるる筋肉で刺激の大きな低周波を作り、
鍛えにくい表情筋を運動させることが出来ます。

通常低周波はピリピリとした痛みを伴いますが、中周波が使われているので
ピリピリした痛みがありません。

30個あると言われているお顔の筋肉。




一つ一つにしっかりとアプローチしてくれ、筋肉に働きかけてくれるので


しっかりと持続してくれます筋肉


IWの元となる医療業界では、嚥下障害の治療としてIW波が使われていましたナース


嚥下障害とは・・・


加齢に伴い、食べること、飲み込むことに必要な喉の筋力が衰えることで


食べ物を口の中で飲み込みやすい状態にできない

舌で口からへ食べ物を送り込めないなどの不具合が生じやすくなります。


飲み込む時にのど仏を持ち上げる筋肉が弱くなることによって、


飲み込む時に、気道を閉じるのに必要な分だけのど仏が持ち上げきれず、

食べ物が気管に入りやすくなる事があります。


「嚥下(えんげ)」とは、食べ物を噛んで飲み込むまでの一連の動作を指し


この過程で何らかの問題があり、


喉に食べ物が引っかかったり、むせてしまったりすることを「嚥下障害」と呼ばれています。


通常は、ものを飲み込むと食道を通って胃に入りますが嚥下をすることが出来くなると


肺の方へ入ってしまい肺炎などの症状が起こってしまいます


その嚥下に必要な喉の筋肉を鍛える、


治療として使われていたIW波


がこのセルキュア4TPlusには搭載されていますので

お顔だけではなく
肩凝り、首コリ、バストアップや二の腕引き締め

膝下の浮腫み改善にまで幅広く
使っていただけますタラコ。
2017-11-01 10:00:00